経費削減のため自分でできる事

少しでも費用を抑えるためにできる事

税理士と顧問契約を結んでも実際係る年間費用をよく理解してない経営者も多いのではないでしょうか。
そのような場合、月額のみ理解して、様々なオプションによる費用を理解してないことが多いので、割高になっているのではないかなどの不満が生じることもあるのです。
自社にとって本当に必要なサポートは何かを理解して契約を結ぶことが経費の削減にもなります。
例えば社員の中で経理を理解している人が居るのであれば比較的処理しやすい月次は自社で行い、確定申告のみを税理士に依頼するのであれば最低ラインの月額8000円程度で計算しても年間では10万円弱の削減につながります。
前述の通り、かなり安い設定の税理士事務所もありますが、やはりそれだけでは決められませんね。

優良な税理士より優良な会計ソフト

経費削減のために会計ソフトを厳選して導入する手もあります。
年商5000万円から1億円未満であれば対応可能なソフトが沢山あります。
会計ソフトを使う事の意義は税務署にきちんと提出できる決算書や税金の申告書を作成することですが、これは結構難儀であるとも聞きます。
また決算書を作成したとしても別途に税務申告書の記述や消費税の計算まで対応していないソフトもあります。
全て一括作成ができるものもありますので内容を吟味して決めましょう。
価格的には2万円弱程で購入できます。
サポート体制が充実している使用料年間2万円から5万円弱で使用できる本格的ソフトもあるので一度無料体験してみて、会社の規模や使い方が相応しいものを選んだらいいかも知れませんね。
簿記3級レベルの知識は欲しいものですが、結構難しいのです。
例えそのレベル理解できないとしてもある程度の勉強はしておいた方が良いです。


この記事をシェアする