税理士が必要なのはどんな人

顧問税理士を雇うには勿論有料です

税理士との顧問契約で必要な費用

税理士の顧問費用ですが、自分の会社の年間収入や作業量によっても、また何を望むかによっても違ってきます。
顧問料の相場としては年間収入額1000万円未満で2万円前後からとも聞きますが調べてみると一概にそうとは言えません。
月額8000円から全てのトータルサービスも請け負う税理士事務所もあるからです。
月額2万円と言ってもそれ以外に確定申告や年末調整、給与計算、決算申告と言って様々なオプションがありそれぞれに別途費用が加算されます。
決算申告に関しましては通常目安額は月々の顧問料×4か月から6か月分が相場です。
顧問料が2万円なら相場としては年間別途8万円から12万円の費用が必要となるのです。
選ぶ税理士事務所によって金額に開きがあるのでしっかり調べることが大切ですね。

月次処理以外の費用は

決算費用を月額1万円として計算すると決算申告費用は4万円から6万円が必要となります。
顧問金額も込にすれば14万円弱から16万円程になります。
月額の顧問費用は毎月定期的訪問のケアも含まれています。
訪問回数を少なくすることでも費用は安くなるのでそれも一つの削減方法です。
確定申告のみの契約であるならば、年収が1000万円未満の場合は年間10万円弱と見ていいかと思いますが、全て込の場合もあるので面談で信用できると判断したならばそのような税理士とに契約が一番安く済みます。
記帳代行は領収書の枚数で違ってきます。
具体的には200枚までは1万5千円程度、500枚以上で3万円から4万円ほどで差があるので調べてみるのが好いでしょう。


この記事をシェアする