税理士が必要なのはどんな人

税理士選びで失敗しないために

面談などで確認しておくこと

何をもって良い税理士とするかは経営者が求める人柄だけでなく、費用面においても判断されます。
経営者の性格にもよる部分が多いのもまた事実です。
密接な関係になるので相性が良い悪いによって判断は異なります。

一般的には誠実な税理士であることを求めるでしょうが、面談などで知るためにはどの様なポイントがあるのでしょう。
記帳代行を依頼する企業が多いですが、必用経費は領収書の枚数によっても違うので、自社の領収書数を予め知っておき、処理できる枚数を聞いておくと良いでしょう。
直接顧問費用に係わることは細かなこともきちんと確認しておきましょう。
今後色々わからないことが多くなると予想される場合は、具体的サポートによる金額も確認が必要ですね。
また会社の利益のための節税対策も重要になってきます。
色々な節税方法があるので、そういう事も考慮に入れているかも聞いておきましょう。

タイプの見分け方

税理士または税理士事務所をネットで検索してみると、幾つかのタイプに分けられます。
具体的には大企業向けの多数の税理士を抱えた事務所、または記帳代行がメインの少人数の有資格者の下にパートが大勢いる事務所では仕事の内容も費用も違ってきます。
また資格は持っているが高齢者が多い事務所や、逆に若くあまり経験のない税理士が一人で相談対応を主にしている場合もあります。
沢山の税理士が居る事務所は定着性もあるので担当者がすぐに変わるようなことも少なく、対応も迅速であると判断できます。
しかしながらその分費用も高くなると思った方が良いでしょう。
後者のケースの場合は、不満も多くなるかもしれませんが料金は安くなるので自分がまず費用を抑え、依頼内容の殆どは基本的には専門知識の相談で力を借り、ある程度は自分でするという覚悟が必要かもしれません。


この記事をシェアする