失敗しない税理士の選び方

税理士が必要なのはどんな人

税理士選びで失敗しないために

今まで税理士にお世話になったことがない人が、起業や独立で自分では出来ないことを税理士に一任することがありますね。 大切な経理をお任せするわけですから、信頼できる税理士にお願いしたいと思うでしょう。 それでは具体的に信頼できる税理士とはどのような人でしょうか。

信頼できる税理士とは

税理士が必要なケースと言うのは一般的には起業した場合、従事している仕事から独立した場合などですね。
税理士が必要なのは全ての経営者という事になります。
会社の規模にもよるので税理士不要、自分で全てを管理できると言う人も居るかもしれません。
実際自分で確定申告や青色申告ができて、勘定科目も理解できる人にとっては、全ての経理処理を自分で行う事は、自分が納得した経費計上処理ができるメリットもあります。
しかし誰でも簿記の知識があるわけでもなく、起業しながら勉強して処理もするのは大変なエネルギーも努力も時間も必要となります。
そこで大半の経営者は経理を税理士に依頼しているのですね。
実際経営者で税理士の選び方で失敗したと思っているのはどの様な理由が多いかを探ってみると良い税理士選びに役立つかもしれません。
上から目線で馬鹿にされてる気がしたとか、逆に何か自信が感じられないなど色々です。
しかし自社の経理を任せるのですから、人柄も良く、知識も豊富でないと、間違った申告をして会社に不利益をもたらすことだってあります。
インターネットで検索したり、同じ経営者に相談したりと手段は色々ありますが、どの場合も面談が必要です。
面談では経営者側からも確認したり質問したりしてその税理士を見極めますが、税理士側からも知りたいことを確認してきますね。
ある程度の会社情報は説明が必要ですが、税理士法には知りえたことに関する守秘義務があるので、それによって決定しなければならないと言う心配はありません。
そこで面談で専任の税理士を決めるポイントを幾つか調べてみました。

顧問税理士を雇うには勿論有料です

経理を全て専任の税理士に依頼する場合いったいどの位の費用が必要でしょうか。 会社の規模や年商によって、或いは何をメインに依頼をするかなどによって費用額は違ってきます。 この費用をしっかり把握しておくことは良い税理士選びにも必要となってくる知識です。

経費削減のため自分でできる事

起業してはみたが思いのほか色々諸費用が嵩み経営を圧迫するような事態になったら、或いはそうならないためには、削減の努力も大切ですね。 削減対象には税理士に支払う費用も含まれています。 経理処理をしていく中で実際税理士に依頼する以外にどの様な方法があるのでしょうか。